中の人どんな人?

はじめまして、こんにちは。クリエイティブディレクターの岩本薫です。
クリエイティブディレクターってなにする人なの?なんていうことをよく聞かれるのですが、クリエイティブディレクターとは、いろいろなものをつくるときに、その世界観やコンセプトを決める人。自分の場合は広告やブランディングが多いので、たとえば雑誌広告やCM、カタログなんかをつくったり、イベントなんかを開催するときに、どんな世界観がふさわしいのか?どんなメッセージを感じてもらいたいのか?なにを体験してもらいたいのか?など、その商品のブランドや企業のマーケティング戦略にのっとりながら、映像やグラフィック、キャッチコピーなど“感覚的なもの”へ、どう落としこんでいくか?その大枠を考えて、デザイナーやイラストレーター、フォトグラファーなどクリエイターのみなさんとの共同作業でにカタチにしていく…、と、日々そんなことをしています。
というわけで、企業のマーケティング戦略と“感覚的なもの”をいかにブレずに、マッチさせながら、魅力的なカタチにしていくかということを考え続けて、ウン10年。たぶん、左脳と右脳をつなぐ回路は、ほんの少しは鍛えられてきているかと思います。このブログでは、そんな自分が思ったこと、感じたこと、伝えたいこと…など、もろもろを、冷めないうちにつづっていきます。職業柄、マーケティングやブランディング、クリエイティブ関連、個人的趣味から、日本文化のことや、ひなびた渋いものなんかに偏っていくと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

prof-2111■ 岩本 薫/P r o f i l e
東京生まれ、昭和な団地育ち。コピーライター、雑誌記者、クリエイティブディレクターを経て、2011年、Gadget House結成。2012年、株式会社ガジェットハウスとして法人化。Webマガジン「みんなの、にっぽん」(現在休刊中)編集長。現在に至る。都市開発、分譲住宅のプロモーションをはじめ、その他業界の多くの広告プロモーション、ブランディングを手がける。ソーシャルメディア時代の理論として注目を集める「マーケティング3.0」を実践するブランディング手法を展開している。最近では、クリエイターによる地方再生ブランディングのプロジェクトを進行中。
■ 趣味:読書、写真、一人旅、山登り、自転車。そして日本文化を愛してやまない男です。


岩本 薫のfacebookはこちら ▶
ガジェットハウスのホームページはこちら ▶
ひなびた温泉研究所ショチョーとしても活動中 ▶

■主なメディア出演

shima001


BS日テレ
中川翔子のマニア☆まにある
ひなびた温泉男子として出演

kunimaru2

 

文化放送
くにまるジャパン・おもしろ人間国宝
ひな研ショチョーとして出演

 

satamin8

テレビ神奈川
サタミンエイト
ひな研ショチョーとして出演